個別指導塾のメリット

個別指導塾とはどんなものか?

講師一人と生徒数人の授業形式になります。集団授業とは違い、授業内容が決まっているわけではないので生徒や保護者の要望に添って指導する事になります。講師一人に対して生徒が複数人いる集団授業と比べて講師から直接指導を受けやすいというのが特徴です。講師一人に対して生徒が一人二人の所が多いようですが、五人受け入れる所も増えてきているようです。グループの輪に上手く入れず馴染む事ができないと辛い思いをしてしまう事もあるようなので保護者の方はお子さんと相談して決めるようにしましょう。また少人数制のメリットとしてライバル意識が芽生えやすいという事も挙げられます。良いライバルが見つかれば成績向上も期待する事ができます。

個別指導塾を検討されている方は

保護者の方は個別指導塾のメリットとデメリットを理解した上で、お子さんと話し合いましょう。そうする事で入会した後とのギャップがなくなり、途中でやめてしまうという可能性も少なくなります。お子さんの性格が本当に個別指導塾に合っているかというのも大切になってきます。入会する前に塾の講師と保護者とお子さん三人で面会をする機会がある場合は不安な事をここで聞いてみましょう。一度授業を見学する事で、おおよその雰囲気を把握できます。ただし全ての個別指導塾が見学可能というわけではないので注意しましょう。またお子さんがクラブ活動や他の習い事をしている場合でも通えるように融通がききやすいのも個別指導塾の魅力の一つです。