個別指導塾とは

少人数指導か個人指導か

個別指導塾は最近人気のある指導方法の塾です。その名の通り個別で先生と生徒がマンツーマンで指導を受けられる個人指導はもちろん、先生一人に生徒が2~3人という少人数指導も個別指導塾に含まれます。共通なのが、生徒がそれぞれの学力にあった教材を自分のペースで取り組むことができ、スピードもさまざまなので先生は子どもによって対応する問題や重点とするポイントを変えているという点です。学校のように同じ教材を同じスピードで一人の先生が進めていくのとは違います。それぞれのペースに合わせて対応してくれるのが個別指導塾の魅力ですが、少人数の場合は一人が質問などをしている間は他の子は待っていなければならないので、いつでも聞くことができる個人指導の方が合っている場合もあります。同じ個別指導とはいえ子どものタイプによって見極めが肝心です。

個別指導塾のデメリットは?

きめ細やかな対応が期待でき時間の融通もきくのが個別指導塾の魅力ですが、デメリットは何でしょうか?真っ先にあげられるのが料金の高さです。科目ごとに値段設定がなされているので、特定の科目だけ受講したい子には向いているのですが、全科目をまんべんなく見てほしいとなると料金がかさむことが多いのが特徴です。また、定期テスト対策などは通常の授業とは別料金で設定されている塾もあるので、入塾前にしっかりとリサーチをしておかないとびっくりするような金額になる場合もあります。いずれにせよ、子どもに何が必要かよく絞り込んでおいてから通える範囲の個別指導塾の特徴をつかみ、一番条件にマッチしたところに決めるのがいいでしょう。