集団指導塾とは

集団指導塾の概要と求められるスキル

子供一人ひとりの学力に合わせた個別指導の形態の塾が増加傾向にある中で、新たに見直される形で人気が増えてきているのが集団指導塾です。
集団指導塾とは文字通り、一人の教師が大勢の生徒に勉強を教えるスタイルの塾のことを指します。生徒は教室内の数多く並べられている机に座り、教師はホワイトボードや黒板を利用して勉強を教えるのが基本です。わかりやすい例として挙げると、学校の授業のようなイメージと考えて問題ありません。
教師は、個別指導に比べて1度に教える対象が多いため全体のレベルの把握と全ての生徒にわかりやすく教えるスキルが求められます。一見すると難しい仕事のようにも感じますが、その分得られる報酬も高くやりがいの感じられるのが特徴です。

集団指導塾ならではの特徴

集団指導塾だからこその特徴として挙げられるのが生徒同士の競争意識の刺激です。
学校生活と同様に、同じ環境の中で勉強をしていくことで自然と競争意識が芽生えてより高みを目指す意欲が湧いてきます。この競争意識をより強く持たせるために日常的に行っているテストの結果や勉強の成績をランキング形式で発表する塾も少なくありません。この点は個人指導のスタイルでは得ることができない大きな強みと言えます。
そのほかにも、高いレベルの授業が受けられるのも特徴の一つです。前述したように、集団指導塾の教師は全ての生徒にわかりやすく教えるためのスキルが求められます。日々の経験によって生徒と共に教師のレベルも上がっていくので、自然と授業内容も高まっていくのです。

冬期講習では、冬休みに入る直前までの学習内容の確認と、新学期で学ぶところの予習をする場合が多いです。